テニスの練習で3人しか揃わなかったときどうしますか。

  • 3人で練習する。(コースを変える練習ができる)
  • 2人で練習して一人は休憩。
  • 2対1の試合形式の練習。
  • 1対1のシングル形式の練習を交代で行う。
  • 隣のコートなどから1人呼んで練習する。
  • 隣のコートなどから1人呼んでダブルスする。
  • その他。

 どれを選ぶかは性格、実力、興味や隣のコートの人数です。  ダブルスを行うことも練習時間の中に入れて参加した場合、隣のコートから人を呼ぶことができれば楽しむことができますが、人がいなければ3人でできることをするしかありません。
 3人で練習するときに大事なのは、その心理状態です。
 通常、4人で練習する場合は、コースを変える練習はしません。  4人で1球のボールをまわせば、コースを変える練習はできますが、打つ数が減るため、そういった練習をしません。
 試合でコースを変えるのを失敗したとき、たまにはコースを変える練習をしてみたいなと思います。
 さて、人が揃わずに3人になったとき、3人しか揃わない、ダブルスができない。残念。と思います。  そこには、コースを変える練習もしてみたいと思ったことはどこかに追いやられて、残念な思いのみが積ります。  こんなときは、是非、コースを変える練習をするのに絶好の機会と思うことです。  3人練習は、普段できないことを、いろいろな変化をつけて徹底的におこなえます。  すばらしいことです。  ダブルスはできないけど、上達の絶好のチャンスと捉えます。
 同じことを行っても、気持ちで結果は大きく違います。  テニスで「3人なら、コースを変える絶好の練習機会だ!」と思えれば、より早く上達するでしょう。




テニスで「3人になら、コースを変える絶好の練習機会だ!」と思えれば、より早く上達するでしょう。」



...同じことを行っても、気持ちで結果は大きく違います。